HOME | travel | Oregon&Rocky | 6th day

prev 6日目:カナダ内陸へ向けて(トラブル記) next

6日目
276 miles
Victoria→(Ferry)→Vancouver→
Boston Bar→Cache Creek

 6日目は写真をほとんど取っていない。バンクーバーは以前に訪れたことのある街だったので、CAAで地図をもらっただけで通り過ぎ、2日後にバンフに到達することを目指して、一路、内陸へ車を走らせた。この日は、移動日にあてていた。

 1号線を走り、Hopeの街でガソリンをいれ、Kamloops方面に進路を変える。内陸へ向かって、道も山道になってきた。Tour Map を見ても、ほとんど見るような場所はなく、Boston Bar という街の 7 miles 南にあると書かれている Hell's Gate Airtram が唯一の観光ポイントのようだった。

 山道が続き、あと 10 miles ほどで Boston Bar につくかと思われたころ、車に異常が現れた。少しオーバーヒート気味になってきたのだ。無理をせずに少し車を休ませようと路肩に止めてボンネットを開けてみると、冷却水のチューブが割れている。ここから水が漏れてしまっていたのだ。

 修理する工具もない私たちは、車のハッチバックの部分からワイヤーを取り外し、とりあえず、割れたチューブを補強し、飲み水として積んであったエヴィアン水を冷却水として注いだ。車をゆっくりと走らせ、とにかく Hell's Gate という観光地に向かう。途中、休憩していたバンから水を1ガロンもらい、Hell's Gate についてみたものの、ここも山の上に立っているために、余分な水は持っていなかった。それでも、エヴィアンの小さなボトルに2本ほどの水をもらうことができ、Boston Bar まで行けば修理屋があると教えてもらった。唯一の楽しみだったポイントも、観光どころではなく、横目で見ながら通り過ぎるしかなかった…。

 Boston Bar についたときには、すでに5時を過ぎていた。町と言っても、ガソリンスタンドがあるだけ。亀裂の入ったチューブは、ワーゲンの特殊な部品とのことで、部品を取り寄せるか、応急処置をして別の修理屋に行くかの選択を迫られた。部品の取り寄せには1週間かかるらしい。「保証はしないからな」というおじさんに頼み込んで、チューブにテーピングをし、冷却水をめいっぱい入れて出発することにした。フォルクスワーゲンのディーラがある町 Kamloops までは、まだ 210 Km もある…。すでに6時を過ぎているので、今日中にたどり着くには遠すぎる。何とか 100 Km 走り、途中の町 Cache Creek に泊まることにした。

 次の朝、冷却水を確認して、Kamloops へと出発した。“唯一の観光地 Hell's Gate Airtram というのはどんなところだったのだろう…”という心残りを振り払いながら…。


prev next

Copyright (C) 1996 Yoshiko "chino" Kawarabayashi