どかどか団、南へ!

 どかどか団(どかどか団紹介を参照(このページの下の方))は、とうとう赤道を越えて、オーストラリアへワインの修行の旅に出ることになった。暴飲暴食強化合宿とも言うべき恐るべき旅行の全貌が、参加者全員の「けつを(おなじく、どかどか団紹介を参照)」によって明らかになるのだ。ここでは、デジカメ写真とともにワシの旅行記を紹介しよう。フレーム対応のブラウザでは左側の目次から、フレーム対応ではないブラウザの方は下の目次からどうぞ。

■目次

■他のどかどか団員たちの記録(同日同時間の「けつを」を読み比べてみようっ!)

■どかどか団紹介

 横浜市港北区の某所にある「吉祥」という酒屋で知り合った「酒飲み友達」。「どかどか」と飲みつつ「どかどか」と遠慮なく行動することからこの名前が付けられた。正式な入団基準はないが、とにかく酒を愛し、電話一本で宴会に参上するだけの欲深さが不可欠である。
 「けつを」とは「てちょう(手帳)」のどかどか団風方言。ここでは「旅行記」のことをさす。今回は、6人がすべて「けつを」を持参し、「けつを」書きに挑戦した。決して「ケツを掻いた」わけではない。

■登場人物(どかどか団(の一部)の紹介)

断腸(Alan):
どかどか団団長。炭水化物とワインをこよなく愛する。調べものもこよなく愛しているため、ワインの知識は半端ではない。今回の旅行では、ほとんど計画を練り、みんなをまとめるという、非常に損な役回りを引き受けている。感謝!
まゆり:
断腸の妻。どかどか団きっての物知り。なんでそんなにいろんなことを知っているのか、なぞだ。「けつを」作家でありボールペン画家。
郁ちゃん(体長):
どかどか団きっての物持ち。以前の旅行では地球儀、かばん、包丁がターゲットであったらしいが、今回の旅行では、頭の中で望遠鏡が整列しているらしい(注:整列すると購入に至るらしい)。
ゆみこさま:
体長の妻。どかどか団の健康管理委員。二日酔いでも大丈夫。ゆみこさまの愛情いっぱいのぶどう糖の点滴がさえあれば生き返る。
カバ(支店長):
どかどか団のカバ。支店長と言っても北米担当なので、豪州のことは全然わからない。今回のツアーでは値切り交渉係りをするらしい。
ちの:
支店長の妻。どかどか団のWeb広報係り。今回は毎日Webでレポートするつもりになっているが、本当にできるかどうか定かではない(後日談:やっぱり三日坊主に終わってしまったのは皆様ご存知のとおり……)。


Copyright (C) 1997 Yoshiko 'chino' Kawarabayasi