< index
5日目:6/28(Sat)
Kentucky、Tennessee、North Carolinaの3つの州を走ったこの日。内陸の田舎道ばっかり…だと思っていたら、思わぬところに一大観光地が……。恐るべしテネシー。テネシーのバカぁ〜〜っ!な一日でありました。
<< prev next >>

7:00 起床。
今日はHilton Garden Inn。朝食はチャージされると書いてあるけど、落ち着いた雰囲気だったので食べることにする。結局、ジュース、シリアル、ドーナツを食べただけだったので、2人分で$3.00。安〜っ!さすがアメリカ。

写真はKentucky州の州会議事堂前で撮った看板。State St.とCapital Ave.。続けて読むとState Capital(州都)。おっしゃれ〜!(笑)

9:00 Frankfort (Kentuckyの州都)到着。
隣の町なのですぐに到着。大きくて立派な建物。今日は土曜日だったので中を見学できるのはお昼から…。中の見学がどうしてもしたかったわけではないのだけど、トイレ休憩したかったので(笑)、裏口からセキュリティーの人にお願いして、ちょっと入れてもらう。

トイレに行く途中、ちょっと道に迷ったフリをして(…というのか、実際迷った(笑))内部の写真をパチリ。小さいデジカメだと、さりげな〜く写真が撮れちゃうのがいいよね(笑)。真ん中のホールにあったリンカーン像と光取りの窓のある廊下。

お昼前にTennessee州に突入。
そこからさらに南に向かい、Knoxvilleという街でお昼(12:40)。今日のお昼はWendy's(写真は食べた後(笑))。

さ、ここからは、Tennessee州とNorth Carolina州の境にある Great Smoky Mountain N.P.に向かうだけ。田舎だし、な〜んの問題もないかと思いきや、I-40からGreat Smokey Mt.に向かう道(State66)に入ったとたんに渋滞。どうやらPigeon Forge(ピジョンフォージ)という街は子供連れの家族で遊ぶ観光地、国立公園手前のGatlingurg(ガトリンバーグ)は軽井沢のような観光地だってことが判明!こんなところでこんなに大量の人間を見ようとはっ!自然を見に来たのに〜〜〜っ!

3:00 Great Smoky Mountain National Park突入。
渋滞渋滞、また渋滞……。この分だと国立公園に入っても車だらけか?…と思ったら、国立公園内は静かなもん。こんなに近くに自然があるのに、観光客はテーマパークとおみやげ屋さんに群がっている訳ね…。なんか、ちょっと、変な感じ…。

Smoky Mountain(スモーキーマウンテン)……名前から想像できたとおり、山全体が雲の中。湿度が高いので霧がいつでも発生している…という感じ。TennesseeとNorth Carolinaの州境はこの国立公園のど真ん中。渋滞で押しちゃったけど、尾根沿いの道まで入って行ってみる。

尾根沿いの道のとっさき、Clingmans Domeへの0.5mileのハイキング道を登る、登る、登る〜〜〜。運動不足の私にはつらい〜。行けども行けどもたどり着かない……

たどり着いた先には、展望台がありました。……が、この霧(笑)。全然“展望台”じゃね〜よっ!(笑)。それに、やっとここまでたどり着いたのに、さらにあの上まで登れ〜って、つらいぞぉ〜。なので、私はモモちゃんと下でお留守番。実は展望台にはカバ氏が…。でも、全然写ってない(笑)

N.P.に入る前の渋滞で予想外の時間をくっちゃったので、寄ってみたかった“Cherokee”には寄れず…。翌日、North Carolina州都にたどり着くために東へ東へ。予定の街までたどり着くのは無理だと判断し、途中の街、Statesvilleに宿をとる。
8:30 StatesvilleのHampton Innにチェックイン。
夕食はTour Bookでお勧めされていた“MAYO's”というイタメシ屋に。最近、安〜いレストランばかりに行っていたけど、ここはMenlo Parkにでもありそうなおしゃれなお店。

シーフードパスタとチキンパルメジアーノ。ん〜、両方とも美味しゅうございました。ほほ。

普段はおなかいっぱいになっちゃってデザートなんて食べないのに、何となく雰囲気にのまれてティラミスなど…。えっと、ちょっと“どこがティラミスなの〜?”って感じのデザートだったけど、別物と考えればなかなか美味しいデザートでした(笑)。

 

本日、足を踏み入れた州は
・Kentucky(州都制覇)
・Tennessee
・North Carolina

今日の走行距離 496マイル(約793km)。

<< prev next >>
< index
Copyright (c) 2003 Yoshiko "chino" Kawarabayashi