Home > Travel > Chile Index > Foods > 1 > 2 > 3 > 4

南米チリ旅行記・食べ物編

 

1 > 2 > 3 > 4
旅の楽しみの1つは食べ物。なので、食べ物編っ!
全4ページ。覚悟して読むのココロ。

 

チリの食べ物……って言われて何か思い浮かびますかぁ?
私は、とりあえずな〜んにも思い浮かばなかった。
でも、旅行の計画を考える段階で、検索して見つけた旅行記でステキな言葉を発見。
(詳細はHola! from Chile参照のこと)

『ウニ王国 チリ』

ウニ! ウニがたっぷり食べられるらしい!
この旅行記の作者さんと同じように、私の頭はウニでいっぱいになった。

ウニ…スペイン語で Erizos。これだけがチリに対する私の食べ物に関する知識。

 

初日はバルパライソ(Valparaiso)とビーニャ・デル・マール(Vina Del Mar)との中間にあるレストランCaleta Portales。パンと一緒に出てきたのは、サルサとあげパン(小さいエンパナーダ?)。

このサルサがムチャクチャ美味しかった。トマトがあまり勝ってなくて、コリアンダーの香りがたっぷり効いていて美味しい。今まで食べたことのあるサルサの中でいちばんうまかったかもしれない。小さいあげパンの中には、ツナを調理したものが入っていた。あげツナサンドっていう感じ。これにサルサを付けて食べたら、もう最高。

さてとお次はウニ!

たっぷりのウニとレモン。ん〜、大味とはいえ、たっぷりのウニ。確か 4000 ペソ(6ドル)ぐらい。

生ウニ、白身の魚のソテー、マッシュルームのソテー、ワインで、しめて $26.00 。

スペイン語のメニューしかなかったし、店のウェイターは英語をしゃべらなかったので、注文するまでにあれやこれやと時間がかかった。面倒な客だっただろうに、ウェイターさんから最後にミントのカクテルのおまけつき。ありがとよ、オヤジ。

情報
『Caleta Portales』
Portales駅前に見えるレストラン。

 


 

 

夜にはビーニャ・デル・マール(Vina Del Mar)の街に出て、カフェでビールをちょいと。

街を歩いていて知り合った日本語を勉強中の青年パトリシオくんと3人でビールを飲む。チリ国産ビールCRISTALには、これからも毎日のようにお世話になりました(笑)。

レストランではたいてい1000ペソだったけれど、カフェでは1缶500ペソ。

 

1 > 2 > 3 > 4

Western highwayS - chino's homepage